ベビー UVケア

MENU

ベビーのUVケアとはどんなもの?

昔はベビーがUVを浴びても特に何もしない人が多かったです。 太陽光線にはUVが含まれています。 ですが、昔は気にせずに日光浴させる人も多かったです。 最近は肌が敏感なベビーを守るためにケアが必要と考える人が増えました。 日光浴をひかえる人もいます。

ベビーのUVケアに関するお話をしましょう。 幼い頃に紫外線つまりUVを浴び過ぎると、大人になってから皮膚がんになってしまうかもしれません。 また肌にシミやシワができてしまうかもしれません。 皮膚がん、そしてシミやシワは大人になってからその症状が出ます。 このため、大人になってからUVケアする人が多いです。 大人になってからではなく、幼いうちにUVケアしましょう。 幼い時にUVを浴び過ぎた人の中で、大人になる前に皮膚がんになってしまったという人は多いです。 皮膚がんにならないようUVケアすることが本当に大切ということです。

人が生涯に浴びるUVの量のうちの半分は子供の頃に浴びています。 子供の頃は外で思いっきり遊びたいでしょう。 ベビーの頃から公園などで他の子と交流することも大事でしょう。 ですが、外にあまり長い時間いないようにしましょう。 特に10時~14時は家にいた方が良いかもしれません。 遊ぶ時のUVケアも大切です。 刺激が少ない日焼け止めを塗りましょう。 そして塗った日焼け止めは2、3時間置きに塗りなおしましょう。 帽子を被る、長袖を着る、ベビーカーに日よけをするといったことも大切です。 できれば真夏も長袖を着ましょう。

日焼け止めの選び方としては、まずちゃんとそのメーカーのホームページを確認しましょう。 ホームページに、敏感な肌に対しても使うことができると書かれているものを選んで使いましょう。 生後3ヶ月までが特に肌が敏感な時期です。 この時期は市販の日焼け止めを塗らない方が良いかもしれません。 どうしても塗る必要があるという場合、新生児でも使うことができると書かれているものを選んでください。 そして、必ずパッチテストをしてください。 ちゃんと肌に影響がないことを確認しましょう。 日焼けで止めはできれば生後6ヶ月以降からを塗るようにしましょう。

日焼け止めの塗り方については、薄く塗りましょう。 ムラなく塗ることも大切です。 落とし方については、まずほとんどがクレンジングなしで落ちるタイプです。 クレンジングではなく石鹸で落としてください。 肌に日焼け止めが残らないよう、よーく落としましょう。

ベビーのUVケアにどんな日焼け止めがおすすめ?

ベビーだからといってUVケアをしないのは、あまりお勧めしません。 大人の肌と違って、赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。長時間紫外線に当たる事で、軽いやけどの状態や水ぶくれになる事もあります。

また、紫外線を浴びると何年か経過して、シミやシワ、免疫力の低下であったり、あるいは皮膚がんとしてあらわれる事もあります。 月齢が小さなお子さんほど、皮膚はデリケートですのでしっかりと日焼け止め対策をしてあげた方が良いでしょう。

では、どのようなUVケア商品が良いのでしょうか。 選ぶときには必ずベビー用となっているものを選んでください。 大人が使用するものだと、肌の弱い赤ちゃんには刺激が強すぎて、塗る事によって肌が荒れてしまう事があるのでご注意ください。

実際に自分が使ってよかった商品は、ナチュラルサイエンスが開発しているUVケアです。 もちろん赤ちゃんに使えますし、ママにも使用できるのでとても便利です。 紫外線吸収剤がカプセルに内包されているので、肌に直接触れないようになっています。 そうすることで、デリケートな赤ちゃんでも使用することが可能なのです。 低刺激でべタべタしないさらっとした付け心地なのもおすすめです。 落とす際も、簡単に石鹸で落とせます。 大人のようにクレンジングの必要もありません。

ナチュラルサイエンスの商品は、基本として赤ちゃんにも安心して使う事ができる低刺激処方にこだわった商品ばかりです。 皮膚科専門医の協力にもとずいて、必要なものだけを選んで、最もベストと考えられるバランスで配合されて作られています。

赤ちゃんの肌は意外や意外、一年中乾燥している事が多いので、赤ちゃん専用のクリームで保湿することも大事です。 新生児の赤ちゃんは主に、おでこからしか皮脂が活発に出ないのです。

赤ちゃんだけではなく、妊娠中で肌が敏感になっているママにも使える商品開発や、産後の免疫力が下がっていやすいママにも使える商品開発もされています。 赤ちゃんとママになる女性にとって、強い味方であります。 また、年齢を重ねて乾燥しやすくなった肌、ホルモンバランスの崩れから乱れやすい肌のバリア機能にも着目し、ぷるんと潤いある、すこやかな肌へと導くような商品も手掛けています。

スキンケアを通して赤ちゃんとママが触れ合う事で、ぬくもりや愛情を感じ取っていただきたいと願っている、ナチュラルサイエンスです。 赤ちゃんの肌も女性と同じで、毎日のスキンケアを大切にされた方がよいですよ。

更新履歴